Dental Clinic

標準文字の登録ってなに?

標準文字での登録

標準文字とは?

標準文字とは、特許庁長官があらかじめ指定する一の文字書体のことをいいます。
出願人が、特別の態様についての権利を要求しない場合には、
標準文字をその商標の表示態様として公表し登録します。

標準文字で登録したからといって、権利範囲が広くなるわけではありません。
単なる手続き上の便宜のためにできた制度です。

標準文字として認められないもの

下記のような商標は、標準文字としての登録が認められません。

・ 特許庁長官の指定文字以外の文字を含む商標
・ 図形のみの商標、図形と文字の結合商標
・ 文字数の制限30文字を越える文字(スペースも文字数に含まれる)からなる商標
・ スペースの連続を含む商標
・ 縦書きの商標、2段以上の構成からなる商標
・ ポイントの異なる文字を含む商標
・ 色彩を付した商標
・ 文字の一部が図形的に、又は異なる書体で記載された商標
・ 花文字など特殊文字、草書体など特殊書体で記載された商標

標準文字で出願する際の留意点

標準文字で出願する際には、願書の記載に留意する必要があります。
特許庁長官の指定する文字のみによって商標登録を受けようとする旨を記載しなければなりません。
具体的には、願書の【商標登録を受けようとする商標】の欄の次に【標準文字】の欄を設けます。

出願の際に【標準文字】の欄を設けるのを忘れた場合であっても、
商標記載欄へ記載した商標が、もともと標準文字に置き換えて現されたものと同一と認められるときは、
標準文字である旨の願書への記載を追加しても、商標自体の構成及び態様が変更したことにはならず、
【標準文字】の欄の追加をする補正が認められることもあります。